私が通った着付け教室レポート

私が通った着付け教室は、2時間程度のレッスンで、お手本の先生を見ながら、真似をしていくレッスンです。

私が通った着付け教室レポート

私が通った着付け教室レポート 以前茶道を習っていたこともあり、着付け教室に通っていました。着付け教室は、だいたい2時間ぐらいのレッスンで、先生の真似をしながら、着物を着るという内容です。着物は、自分のものを持ってきてもらう形になるのですが、ここがまず大変なところ。着物に必要なものというのが、着物や帯、紐以外にそろえるものがたくさんあります。先生からは、必要な持ち物のリストをいただくのですが、どれがどの名前なのかわからないものが多く、持ち物をそろえるのが大変でした。そしてレッスン当日。まずは教室内で、着物を着やすいようにセットします。紐は、使いやすいようにしておくことや、帯の位置など、セットが必要です。それから、先生のレッスンが始まります。(準備や、着方は、先生の指導方法によって異なります。)

レッスンは、先生が着るのを真似しながらのやり方です。途中、難しいポイントは、先生から見ていただけるので、その都度直していただきながら、最後まで一人で着て、完成です。レッスンの中で一番難しいポイントは、後ろの帯の部分。後ろは、見えない部分なので、帯の位置など調整するのが一苦労でした。着付け教室は、覚えが早い方だと、4〜6回程度で着れるようになるそうです。


Copyright(c) 2014 私が通った着付け教室レポート All Rights Reserved.